「ネイリスト経験を活かして転職したい!」
ネイル業界は、そんな夢が叶いやすい職業だと言われています。

これまで培った技術を武器に、より好待遇の求人を見つけちゃいましょう。

  ネイリスト未経験者はこちら

経験者優遇の求人が満載!


すでに、ネイルサロンで働いている、という人に聞いてみると、
「今働いているサロンの給与面に不満を感じている」
「勤務時間が長すぎて、体力的に辛くなってしまった」
「もっと違うサロンで、テクニックを向上させたい」
「経験を積んだら働いてみたい、憧れのサロンがある」
など、様々な理由で転職を考えているようです。

人気ネイリストであればあるほどいくつかのサロンで修業をし、腕を磨いていますよね。
ネイリストという仕事は“一つのお店で一生働く”タイプのジョブではありません

経験者だからこそより良いサロンを見つけ、転職探しをしてみましょう。
ネイリスト求人に特化した「アットネイルズ」を見てみると、「経験者優遇!」の文字をたくさん見つけられますよ。

経験者の面接はこれで決まり!


未経験者と経験者では、採用側のチェックするポイントが大きく変わります。

経験ありのネイリストには、
「一日も早く即戦力になってほしい」
「これまでになかった技術を求めている」
「他店の人気ネイルを知りたい」
など、経営戦略的部分でも期待がかかるからです。

「少しでも良い待遇で採用されたい」
それなら、これまでの経歴を存分にアピールしましょう

待遇や人間関係など、不満を感じていた部分も比較しながら面接を進めることができるため、良い条件となるでしょう。

また、確実に採用されるために“なぜ転職を選んだのか”をはっきりしておくと安心です。

「仕事量と給与が折り合っていない」
「難しいネイルを任せてもらえない」
「ブラック企業だと言わざるを得ない経営方針」
「面接先のサロンの雰囲気やネイリストに憧れている」
など、納得いく理由があれば、喜んで採用してもらえます。

なりたいネイリスト像も、合わせて伝えられると、より印象が良くなりますよ

さいごに


ネイリストはいくつものサロンを経て、自分が輝く先を見つけるもの。
合わないサロンで無理をし、心身を疲弊させてしまっては本末転倒です。

「明らかに待遇が悪い」
「いつまで経っても下働きばかり」
そんな状態の場合も、転職を考えてみましょう。

自分の能力を引き出してくれるような敏腕店長に巡り合うことで、潜在能力が開花することもありますよ。

転職は、ネイリストとしての肩書を増やすこと
是非、前向きにトライしてみてくださいね。